コーディネートが重要

ドレス

結婚式の主役は花嫁と言われているように、花嫁のお色直しもゲストが楽しみにしていることの1つです。実際に結婚式を挙げる花嫁の過半数が、2着以上のドレスを着るようです。その中で一番多い組みあせが、ウェディングドレスとカラードレスです。

女性の憧れであるウェディングドレスは白が定番です。また、ウェディングドレスはシックなデザインが多いため、デザインが限られています。それに比べカラードレスはたくさんの色の種類がありますし、デザインにも優れています。ゲストを驚かせるためにも、お色直しはカラードレスでウェディングドレスと差をつけましょう。

カラードレスを選ぶ際は、試着をすることが大切です。好きな色でも、自分の肌色と合わない色なら魅了が半減してしまいます。実際に試着することで自分に合うカラードレスかどうかを見極めることができます。また、自分に合わない色と思っていても、試着すると合っている場合もあります。

カラードレスは新郎とコーディネートを合わせることも必要です。新郎も花嫁と同じように、自分が着たいタキシードや服装があるものです。そのため、ウェディングドレスは花嫁がコーディネートの主導権を握り、カラードレスのコーディネートは新郎の意見と合わせ、お互いのバランスを保つように心がけましょう。新郎のシャツの色とカラードレスの色を合わせたり、ベストやネクタイの色とカラードレスの色を合わせたり、ワンポイント合わせることで2人ともおしゃれに見えるでしょう。